寒い季節におすすめの麺類3種と一緒にとるとよい栄養素!

a1370_000426

寒い季節になると、温かい麺類が食べたくなりますね!!

ラーメン🍜

ラーメンは早くて安い、また地方によって様々な種類があって、ご当地ラーメンの食べ歩きに命をかけている人も多いのでは。

いまでは女性の「独りラーメン」も普通になってきて、個性的なラーメン店が全国だけではなく、海外にも進出しています。

味わい深い、奥が深いラーメンの世界は、日本人だけではなく、世界の人々にもアピールしているようです。

決して栄養のバランスがいいとはいえないので、できればトッピングなどを多めに。それから塩分が多いので、スープは飲み過ぎないように。つけ麺でも食べ過ぎは禁物!でも、お酒の後の締めのラーメンはやっぱりやめられないですね。

うどん🍜

日本のファストフードとして定番になっているうどん。すでに全国展開しているうどんチェーンもあるし、格安で小腹が空いたときにいつでも食べられて、低カロリー(でもてんぷら入れると高カロリー)なところが魅力。

関西では薄いだしつゆが好まれ、関東では色の濃いつゆが好まれています。

この違いを楽しむのもうどんファンとしての楽しみです。うどんもできる限りトッピングを増やして栄養のバランスをとりたいものです。

打ち立てのうどんはこしがあってもちもちで、本当に美味しいですね。

そば🍜

そばはそば粉の栄養があるので、上記の二つよりもずっと健康的な食べ物です。

ラーメンは油分が多いし、うどんは炭水化物に偏りがちですが、そばの場合は、本当に低カロリーで、他に数点、何かおかずをつければ悪くない食事です。

そばもてんぷらとかつい、つけたくなってしまいますけどね。

打ち立てのそばは香りが高くて、とても食感がいいですね。

上記の炭水化物(糖質)中心メニューのときは、ビタミンB1を一緒にとるといいでしょう。糖質をエネルギーに変えるサポートをしてくれます。

麺類は単品で食べることを避けて、野菜の煮ものをつけたり、そばなら鴨なんばん、またラーメンでも脂の少ないシンプルなラーメンに、野菜トッピングを多くしましょう。

うどんにはほうれん草などのトッピングがおすすめです。

くれぐれも炭水化物ばかり食べないようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。