簡単掃除の味方、みつけちゃいました!

a1180_012943

暑さも落ち着いてきましたね。いままで放置しておいた、台所、風呂やトイレなど水回りの掃除を始めるのにぴったりの季節です!

アルカリ性、酸性の性質を活かす✨

大掃除をするとなると、張り切ってお掃除道具一式、洗剤一式を買い込んでしまいませんか。

そして、購入したことに満足して、なかなか掃除自体には手をつけられないまま月日が過ぎ、なんてことにもなります。

実際、買い物なんかしなくても、身近にあるもので十分掃除できちゃいます。

それは重曹と酢です。

重曹は、酸性の汚れに、また酢は、アルカリ性の汚れに効くのです。

重曹は、ベーキングパウダーではなく、掃除用の重曹を、そして酢は、うまみ成分の少ない白酢、もしくはクエン酸などを利用しましょう。

キッチンのガス周辺の油汚れ、換気扇汚れなどは、重曹がよく効きます。

反対に、お風呂やトイレの水垢、水に含まれるミネラル分が付着した汚れには酢が効きます。

特別な洗剤は必要ありません。

漂白剤で消毒!✨

キッチンのふきんや雑巾、食器汚れ、まな板の消毒には鉄板の漂白剤で消毒しましょう。

場合によっては上記の2つを利用して、刺激が少ない掃除を心がけましょう。

でも、塩素で食器を消毒すると消臭効果もあり、かなりさっぱりします。

除菌、殺菌にはうってつけでしょうか。

排水管のつまりには✨

きになる排水管のつまり。まずはゴミや髪の毛などを排水溝からできる限り出し、パイプクリーナーを利用しましょう。

ただ、クリーナーは劇薬に相当する成分が含まれていることもあるので、取り扱いには注意です。

なるべく汚れやゴミを取り除いてからパイプクリーナーで掃除しましょう。

これでつまりやぬめり、嫌な臭いもすっきりです。

また、キッチンでは、油を使った料理の後、こまめに拭き取ることで頑固な汚れを防ぐことができます。

汚れは長時間放置すると、取れづらくなってしまうので、お料理後の一拭きが大事なんです。おトイレも同じですよ!

習慣化してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。