頭痛持ち必見!定期的に起こる頭痛3種類の予防、治療

00c41494b7655fbc93b7dfc122b6d294_s

突発的な頭痛で、日常生活が阻害され、1日何もできないくらいの苦痛に悩まされる人もいます。女性、男性を問わず多い頭痛の原因と、その予防法、日常生活でできることを考えましょう。

頭痛の種類💊

頭痛は大きく分けると①偏頭痛、②緊張型頭痛、③群発頭痛があります。定期的に起こるこれらの頭痛の他に、突発的に起こる激しい頭痛は生死にかかわる場合もあるので、早めに病院にいきましょう。くも膜下出血、脳梗塞、脳腫瘍の可能性もあります。

一般的によく起こる頭痛、慢性化しやすい頭痛には、偏頭痛と緊張型頭痛がありますが、この2つの頭痛が起こるメカニズムは全く異なっています。

偏頭痛が、血管の拡張により起こるのに反して、筋肉の緊張や、血管の収縮から起こるのが緊張型頭痛です。

また自律神経の乱れやこめかみの血管拡張で起こるのが群発頭痛です。

偏頭痛は女性が、群発頭痛は男性に起こりやすいものです。

また、緊張型頭痛は、鎮痛薬では効き目が現れづらいので、マッサージやストレッチで血行を促進する、入浴する、姿勢を正すなどの予防が大事です。

偏頭痛の予防と治療💊

偏頭痛持ちには女性が多く、また親族などから遺伝することが多いです。そのため、もともと体質的に偏頭痛がおきやすい人がいます。生活習慣から気をつけたり、予防薬、また偏頭痛発作が始まったら鎮痛剤のすばやい服用が大切です。

血管の拡張を防ぐために、痛い部分を冷やすとか、血管を収縮させるカフェイン飲料を飲んだり、鎮痛剤を飲む(カフェインも入っています)などして暗い静かな場所で安静にします。痛みがひどいひとは、医師からの処方箋を使います。

生活習慣やホルモンのバランスの乱れなども原因となっています。女性は、生理前、生理後などに起こりやすく、睡眠不足や逆に寝すぎなどによっても起こります。

赤ワインなどアルコール、チーズ、ハム、チョコレートは偏頭痛を誘発させることもあるので、多く摂りすぎないようにしましょう。

偏頭痛が多い人は、予防薬の処方を受けて飲み続けることで、偏頭痛発作を
最小限に予防することもできます。

緊張型頭痛の予防と治療💊

無理な姿勢をしたり、首や肩の緊張、こりから起こることが多い緊張型頭痛。この頭痛が起こったら、血行を促進するために、患部を温めたり、または入浴やマッサージ、ストレッチなどが効果的です。

鎮痛剤では解決できないことが多いので温かくなる湿布などを貼って治療、予防するのが良いです。枕の高さなども調整しましょう。

運動も効果的です。普段の生活からストレスや精神的な緊張を減らすように心がけましょう。

群発頭痛の予防と治療💊

強烈な痛みに襲われる群発頭痛は、毎日同じ時間に痛みがぶり返すことが多く、目のかすみや充血、涙目、鼻水などの症状がおこります。

アルコール等で誘発されることもあるので、飲みすぎには注意です。

生活習慣を正し、予防薬を飲むことである程度防げます。強い痛みがあるときは、市販の鎮痛剤、効かない場合は、医師の処方箋を使いましょう。

酸素吸入が有効な場合もあります。専門家に相談してみましょう。

頭痛にもいろいろな種類があり、その症状によって、予防法、また解決法は異なります。できれば頭痛外来で専門医の診断を受け、適切な処置を受けたほうがいいでしょう。

一生付き合うかもしれない頭痛は、自分でできるだけ頭痛を予知し、予防に努める、また頭痛が起こってしまったら早めに薬を飲むなど、日常生活のなかでできることをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。