面接で聞かれること2選!自己アピールが出来る返答とコツは?

72f135c663c4557116ecfc5f3c290347_l

就職、転職などに必ず行う「面接」。

「一体何を聞かれるのだろう」
「何を伝えれば良いのかな…」

面接って言われると凄く緊張してしまいます。
その面接の質問にもしっかり「意図」があります。
今回は面接でされる質問、そして上手に自己アピールが出来る返答を紹介していきます。

面接で聞かれること3選

「ご自身の長所、短所を教えて下さい」

この質問の意図は、純粋に「どんな性格なのか」を知る為に聞く事が多いです。
面接の前にいくら履歴書を先に見ていても紙上と実際の人物は違います。
そこで面接を通し、企業の持つカラーに合っているのか、また企業のカラーに合わせる事が出来るのかなどを知る必要があります。

他の意図としては、自分をきちんと「客観的に見れるのか」という事を知ることも出来る質問になっています。
ここでしっかり自己アピールをしたいところです。

上手な自己アピールが出来る返答

自分の長所アピールをする際のポイントは「自分がいかに企業にとって役立つか」を自分の性格の長所と混ぜあわせて伝える事です。

例:
長所:真面目
「自分は性格が真面目なので一つのことを最後まで全力でやり通す事に自信を持っています。この長所は御社の業務の中で活かしていきたいと思っております。」
短所:八方美人
「他人に良い顔をしてしまい八方美人と言われますが、この短所を生かして接客・営業等の人と接する業務に活かしていきたいと思っております。」

「今後のキャリアプランを教えて下さい」

企業がキャリアプランの質問をするのは、その考えているキャリアプランの線上に業務を位置づけ出来るかどうかを知るためです。
人材の目標と業務内容があまりにもかけ離れている場合、そもそも企業が目指している目的・目標が違う可能性があります。

返答のポイントとしては、包み隠さず自分が実際に描いているもキャリアプランを話す事が大事です。
嘘をついて、自分の望まない業務をやるよりも、面接の時点で自分の描いているキャリアプランを違ければ、入社を辞退する事をおすすめします。

まとめ

面接の質問はやはりなんらかの意図があってするものです。
その質問の意図をしっかり考えながら丁寧に回答をしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。