防災の備え、してますか?

スクリーンショット 2015-09-01 16.09.48

9月1日は防災の日。いわずとしれた、「関東大震災」が起こった日にあたります。地震のリスクが高まるなか、準備できることは多いはずです。

住宅密集地が危ない!

関東大震災では、火災、もしくは火災旋風でなくなった人が多かったといいますが、現在でも木造住宅が密集する地域、十分な避難場所が確保できていない住宅地もあります。

1923年でさえ、10万人以上の死傷者がでました。

現在とは住宅事情や防災意識が異なっているとはいえ、いまは高層ビルも多く、人々の生活は、より都市部へ集中しています。

東日本大震災のように、想定外のことが起こる可能性は大きいですね。

とくに下町や古いタイプの家屋が残っている、戦後区画整理されていない地域は、路地が狭く、火災の延焼が起こりやすい他、救急車や消防車が入っていけません。

そのため、特別な配慮や防災意識が必要となっています。

災害が多い日本でできること

地震だけではなく、台風や大雨、それに伴う土砂崩れや竜巻など、災害大国の日本。諸外国より防災意識は高いほうだと思われます。

また、最近では地震リスクを懸念して地震保険の加入者も増加中とのこと。

備えあれば憂いなしなのですが、個人レベル、家族レベルでできることはもっと多いはずです。

  • たとえば、家族であらかじめ避難場所を決めておく。
  • もちろん防災グッズ等をいつも揃えておく。
  • 学校や職場にいるときに、どこに逃げるつもりか伝えておく。
  • 普段から保存の効く保存食や水を多めに備蓄しておく。
  • 緊急で連絡を取り合える掲示板などの使用を検討し、使い方を学んでおく。

災害時は情報が錯綜し、メールや電話などは使えなくなりますので、緊急時に機能する連絡の取り合い方を決めておきましょう。

大事な連携

もちろんお年寄りが多い地域では、地域での取り組み、連絡をしあったり、わかりやすい合図などを考えておいて、お互い助け合えるようにしましょう。

最近では、近所の付き合いが少なくなりつつありますが、それでも災害時には隣近所との連携が必要です。

地域で避難訓練等あるときは、積極的に参加しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。