週末は楽しくアニメをみよう!

スクリーンショット 2015-11-06 9.58.48

新しく始まったアニメ、皆さんみてますか?最近は70年代アニメリバイバルもあり、本当に完成度高いですね。

リバイバルアニメの魅力🏃

最近、すこし疲れ気味なのもあって、週末はもっぱら動画サイトをみています。そのなかでも緩く楽しめるのがアニメです。この趣味は一生変わりそうにありません!

もともとベーシックな登場人物やストーリーを知っているアニメの続編は、ついていくのが楽です。

それに新しい展開が加わるので、これは昔からのファンとしてはみない訳にはいきませんよ!

最近70年代のアニメが復活している理由としては、もともとストーリーの完成度が高く、今でも十分通用するストーリーであることです。

また、ちょうど子供のころアニメに熱狂した世代がいまはアニメのプロデューサーになっていたりして、発言力のある地位にいたりするのも理由でしょう。

またこれらのアニメをリバイバルして、懐かしがる、または熱中するユーザーが多いことも特徴でしょう。

どんな人がメインユーザー?🏃

いまの30代後半から40代前半は、可処分所得に余裕がある人が多いのでDVDやブルーレイボックスなどが売れやすい傾向にあるといいます。

「ヤッターマン」や「ゲゲゲの鬼太郎」、「寄生獣」「ドラゴンボール」など、日本だけではなく、ハリウッドでも映画化されている作品もあります。

これももともとのベーシックストーリーが魅力的だからでしょう。

世界に羽ばたくアニメ🏃

いまとなっては、アメリカの大手の書店でも日本の漫画作品やアニメ作品は幅広く売られています。(翻訳版)。フランスやアジア諸国でも大人気だとか。

多少、こちらのカルチャーに合わせてストーリーや名前をアレンジしている部分もあるのですが、やはりそれでもメインのキャラクターや設定などはほとんど変わりません。

やはり、昔からのアニメは普遍的な魅力があります。「マッハゴーゴー」なども、アメリカでは「スピードレーサー」として70年代に放映されていたのです。

こちらもアメリカで映像化されていましたね。やっぱり子供のころにみたものはかなりインパクトが強いもので、それはアメリカ人でさえ同じなようですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。