観光立国になれるか?日本の観光サービスの広がり!

a1380_001030

日本への観光客数が、歴代最高になっているそうです。これから東京オリンピックにかけて、ますます観光に力を入れたい日本政府です。

観光国としての日本の魅力🗾

日本のイメージが富士山、芸者、侍、忍者、というのはすでに昔のこと。

いまとなってはアニメやサブカル、またはグルメ王国、家電や化粧品など、ショッピングの魅力に惹かれて来日する外国人が多いです。

また、東京、大阪だけではなく、地方、つまり北海道や九州へ飛行機や船で来日し、その土地独自の観光を楽しむ人たちも多いです。

日本人だって、外国の首都だけではなく、直接、自然の多いスポットや、リゾート地にいくことありますよね。

それと一緒です。

外国人にとっての日本🗾

外国人にとって日本はますます来日しやすくなっています。

ここ最近の円安で、日本旅行が割安になっているからです。買い物もデューティーフリーの場所が増えましたよね。

はとバス等の観光バスも路線を増やして、外国人に利用しやすいツアーを組んでいます。

また、東京へのアクセスなら、成田だけではなく羽田からのアクセスも増えて、外国人にとっては移動の時間が省略できています。

買い物もグルメも充実🗾

だいぶ英語や中国語の表記が多くなってきましたが、なかなか外国人にとっては難しいのが日本の街です。

地方になると観光地以外、ほとんど外国語が通じません。まあこれは他の諸外国でも同じなのですが。

日本人にはあまり意識されないですが、宗教的な問題で口にできないものが多い外国人にとって、日本のグルメはけっこう曲者です。

興味があっても、宗教的理由で食べられないものが多いからです。

せっかくの日本のグルメやサービスを満喫してもらうためにも、それぞれの宗教の教義に基づいた、個別の接待というのが一つのキーとなります。

日本が観光王国になるには、まだまだ課題がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。