簡単なシミ取りの方法見つけた!

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_s

加齢すると、だんだん肌表面にシミが浮き出してきます。シミ取り美容液などを使って多少は薄くすることができますが、根本的なシミ除去の方法としては、レーザー治療があります。

初めてのレーザー治療

目元、また頬の上のほうに集中していた、薄茶色のシミ。ずっとシミ取り効果の高い美容液でケアしてきましたが、完全になくなることはありませんでした。

だからいつも、下地クリーム、またはBBクリームの前に、コンシーラーで隠すのが普通になっていました。

でも、シミ取りレーザー治療をしてきたことで、このシミともさよならすることができたのです。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

皮膚科で治療するので安心

美容皮膚科でのシミ取り治療は、自由診療となりますので保険は使えません。それでも、シミの大きさにもよりますが、だいたい1万から3万円程度でシミの治療ができます。

医療レーザーを当てて、気になるシミを照射します。その後、患部は黒いかさぶたとなります。

夏は紫外線が強いので、照射した部分は、極力直射日光に当てないようにカバーします。

1週間くらいでかさぶたが自然に取れてきたら、その後、場合によっては処方されたシミ取り美容液などでお手入れします。でもほとんど必要ないくらい、シミが跡形もなく消えています。

問題があっても、皮膚科専門医が責任をもって診てくれるので安心です。

レーザーで取れないシミとは

ほとんどのシミはレーザーで除去可能ですが、シミのなかでも肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミは、通常レーザー治療の効果が薄い、もしくは悪化する可能性があるのでレーザー治療は控えているクリニックがほとんどです。

肝斑の特徴としては、

  • 左右対称に、目尻の下あたりにできる。
  • 面積が広い
  • シミの濃さが変化する

このシミに対しては、薬による治療が一般的で、「トラネキサム酸」を使って、患部のシミを薄くしていくことが可能となります。

詳しくは、専門の皮膚科医に訪ねてみましょう。私のシミは通常のシミでしたので、一度の照射でキレイになりました。感謝!💖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。