秋は空をみて過ごそう、ストレスリリーフのすすめ

a0960_003575

昔の映画や漫画では、主人公が河原に寝そべってぼんやり空を見上げているシーンは結構あったのですが、いまはそんなシーンも過去のものとなりました。

何も考えないでぼんやり

都会の公園でヨガ教室とか、河原でスポーツとか、結構自然混じりのヒーリングって多いですよね。屋外なら木々に触れ、マイナスイオンがいっぱいなところで、悪い気をデトックスできます。

そこで血行を促進できる運動をすれば一石二鳥。どんなに空調が効いた部屋よりずっと効果がありそうです。

ただ、夏の場合は、蚊などの害虫がいるので、それだけ要注意です。

毎日、朝、外に出たとき深呼吸、そして腹式呼吸をするだけでストレスが減るんだそうです。

何も考えないで、ただ体の機能を起こしてあげることが大切なのです。

ハーブティーなど、カフェインなしの飲み物を

仕事に気合をいれるために、コーヒーや紅茶を飲まないとやる気が出ない!という人もいると思います。

もちろん数杯ほどなら、コーヒー、お茶も有効です。しかし、過度のカフェイン摂取は、それだけで体に様々な悪影響をもたらします。

できれば夕方以降のカフェイン摂取はやめにして、ノンフェインの飲み物で代用すると良いでしょう。

ハーブティーやカフェインレスのティーなど、様々なリラックス、またデトックス効果がある飲み物がたくさんあります。できればアイスではなくホットで飲むと体が温まります。

ときどき、泣いたり、叫んだり

なかなか現代生活で、感情をあらわにするのって難しいですよね。でも本当にストレスが溜まっていたり、感情のやり場がないときは、そのまま感情を出ししてしまってもいいんです。

お風呂や洗面台の水やお湯に顔をひたして叫ぶと、音もでません。屋外で思いっきり叫べる場所で、叫ぶ、カラオケでマイクなしで歌う、それから家で目が腫れあがるまで泣いたっていいんです。

それがけっこうデトックスになり、カタルシス効果で、ストレス解消になることもあるのですから。

出もの腫れ物、所嫌わずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。