秋はグリーティングカードを手作りしましょう!イベント3パターン

a1530_000243

年末にかけて、季節のグリーティングカードを用意しなきゃ、と思っているあなた、今年は手作り感溢れる個性的なカードをつくって送ってみては!?

ハロウィン🎃

おばけのお祭り、ハロウィン。娯楽性が強いイベントとして最近は日本でも仮装して楽しむ人が増えています。

もともとは古代ケルト人が起源となり、秋の収穫を祝って、悪霊等を追い払うために行われたイベントです。でも、いまはすっかり宗教的な意味はなくなっています。

ただ、ちょうど秋の収穫の時期に行われることから、収穫祭りのような意味合いはなんとなく伝わってきます。

大人も子供もおおいに楽しむことができるイベントで手作り、また手書きハロウィンカードを送れば、遊び心いっぱいの週末に。

いまからでも間に合うよ!

クリスマス🎄

日本のお正月と同じように、主に欧米、キリスト教国では家族と祝うイベントであるクリスマス。日本の年賀状のように、この時期はグリーティングカードのやりとりが増えます。

カード自体は、ホビー用品や文具店、ドラッグストアやスーパー等で売っているので、そんなに入手が困難ではないですが、すこしでも個性を出そうとすれば、手作りしてもいいでしょう。

最近は、ハンドメイドの良さや、伝統が見直されていますので、手の込んだカードを送ったら、みなさんに感激されそう。ありがとうのメールがたくさん届きそうです!

年賀状🎍

印刷で済ませてしまうと簡単ですが、やっぱり手書きや手作りの年賀状、直筆のメッセージがあれば、こころを奪われるものです。

絵手紙を描いたり、字に自信がある人は達筆な字で新年のお祝いの言葉を、そしてまた簡単な素材を使った手作り感溢れる年賀状は素敵です。

たくさん年賀状を出す先がある人はいちいち手書き、手作りなんかしてられないよ!と思うかもしれません。

でもその手間をかけられる人こそが、本当の思いを伝えることができるのではないでしょうか。

人気の芸能人の人でも一緒にお仕事をした人へのお礼状を欠かさない人がいるといいます。

その人のお仕事や人間関係、人気が保たれているのはそうしたグリーティング(挨拶)が上手なせいかもしれませんね。

見習いたいものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。