楽しい部屋作り3つの鉄則!安く、オシャレに機能的に!

a0782_000889

最近は郊外の広い住宅に住むよりも、多少狭くても通勤や通学の便がいい、または時間を短縮できる場所に住みたいと希望する人が急増中です。部屋が狭くても素敵な住まいにするコツとは?模様替えもオシャレに簡単にできます。

組み立て式家具、安い家具を利用☕️

賃貸住宅では、基本的な家電はすでに部屋についていたり、家財道具は持ち込む必要がない物件も増えています。引越しの負担を減らすために、もともと組み立て式で安い家具を揃える人も多いですね。

家具自体、手頃な価格帯のシンプルなものが流行しています。

不要であれば、リサイクルにも出せる値ごろ感もあって、コンパクトで安い部屋づくりの心強い味方になってくれます。

模様替えも気軽にできるようになりました。

折りたたみベッドや移動できるキャスター付の棚など、スペースコンシャスなデザインを選んでもいいですね。

背の高い家具は部屋に圧迫感を持たせるので、できれば背は低めのものを揃えると部屋が広く見えます。

ただ、最近は地震も多いので、耐震面もしっかり考えておきましょう。

雑誌やネットで情報収集、オシャレなデザインをピックアップ☕️

家具や間取りなどに凝らない分、カーテンやマット、テーブルクロスや食器などはちょっと可愛いもの、また色もビビッドな色を選ぶと、生活がより楽しくなること間違いありません。

また、自分で布を購入し、軽くミシンや手縫で作っても手作り感がまた素敵なもの。わざとゆるく、ラフな縫い目をつくったりして、オシャレ感をアップさせましょう。

家具を1色使いに統一し、小物で色やデザインメリハリを持たせるとまとまりが出ます。

機能的、もしくは寛げるレイアウトを考える☕️

狭い部屋の使い勝手を決めるのは、何よりもレイアウト。

自宅で仕事をしているならなおさら、それ以外でもそれぞれの用途にあわせて何通りか検討しましょう。それによって仕事の能率や大事なくつろぎタイムの気分が変わってきます。

机の方向から椅子の置き方、日差しがどちら側から入るか、目覚めがよい方向は?などいろいろな実験を繰り返して、最適なポジションを見つけましょう。

多少は風水なども参考にしてもいいかもしれませんが、ほとほどに!

生活がしやすい、機能的でありながら、同時にホッとできるレイアウトを考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。