最近、眠れないとお悩みのあなたへー安眠のコツ3つ

a0006_000969

夏の疲れがでてくる秋深まる10月。涼しくなってきたからよく眠れるはずなのに、朝起きて疲れがとれていない、首が痛い、肩が痛いなんて人、いませんか?

枕選びで快適な眠りを!

睡眠環境を整えるのは、快適な睡眠を得る上で欠かせないもの。適度な温度、湿度、暗さ。そして清潔なシーツや枕カバーなど、環境から整える必要があります。

仕事で忙しいから、ソファでいいよ、とか横になれる場所があればいいよ、というのはせっかくの睡眠の効率を落としています。

また、枕の選び方が悪いと、首、肩、腰など体全体の痛みにつながります。

積み重なれば慢性痛となり、生活のQOLを阻害します。

お気に入りの枕を探すために、安眠枕 口コミランキングをごらんください。

スマホ、パソコンは寝る前はしない

睡眠の質を著しく下げるものに、スマホ、パソコンのブルーライトがあります。これらの光は脳を覚醒させてしまうので、寝入りを悪くします。

寝る前のメッセージやSNSは、ほどほどに。

場合によっては薬の服用も

常用するとよくありませんが、どうしても眠れないときは睡眠導入剤などで眠りを確保する事も大事です。自分に合った薬を少量から飲み始めて、どうしても眠れないときに飲みましょう。

ときには早朝覚醒してしまったり、逆に薬が効きすぎて寝坊してしまうこともありますが、それでもだんだんと自分の適量がわかれば、使いやすいものです。

専門医に相談して処方箋をもらう事も可能です。

眠れないと仕事や日常生活が阻害、制限され、なにをやっても効率が悪くなります。眠れないと悩んでいるときは早めに対処法を考えましょう。

しっかり眠れてこその、毎日の健康です。美容に健康に、ストレスリリーフに、まず質の良い眠りをめざしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。