昼ご飯節約のテクニック!

a0001_015734

秋の連休は嬉しかったものの、その分、出費がかさんでしまって、いま、それが昼ご飯代にひびいている人も多いのではないでしょうか。

すでにランチは500円を割り込む時代🍜

ワンコインランチがもてはやされていたのは、もうかなり前の話のようで、いまはその半分、もしくは100円程度のカップ麺でお昼を済ませてしまう人も多いのだとか。

立ち食いそばやラーメン、うどんもだいたい500円以下が多いですが、そこからより詰めて、まったくトッピングをしない人も多いらしいです。ちょっと栄養のバランスが気になりますね。

それなら張り切ってお弁当?🍱

一時、お弁当を持参する男性を「弁当男子」などと呼んでいましたが、それが続いている人っていますか?

結構お弁当を作る時間もかかるし、食材の仕込みは、前日からしておかなければなりません。残業が多い職場では、材料の買い出しも結構大変です。

夜遅く、スーパーに立ち寄ったときに、割引になったお惣菜を翌日のお弁当に詰めるくらいならできるかもしれません。

でも、個別パックになったお惣菜を数点買うと、もう500円以上になってしまって、本末転倒です。

それで夕食と昼食を兼ねてしまうのなら、コスト的に問題ないかもしれませんが。案外、安いと思って数点買ってしまうお惣菜は高コスト。

それなら冷凍食品のまとめ買い?これも割引になっているときならお得ですが、冷静に考えると、一食あたりのコストはそんなに安くないです。

できれば安売りの時に野菜、肉、魚等を狙って購入、自宅でまとめて惣菜を作って冷凍、冷蔵しておくのが、低コストで栄養豊富なお弁当を作るコツです。

コーヒーブレイクも節約☕️

会社にコーヒーメーカーがあったり、飲み物が自由になる場合は、外でコーヒーや缶コーヒーを買う必要がありません。

その分、結構節約できます。食後のスイーツも食べたくなりますが、コンビニの100円のスイーツでなんとか我慢するか、もしくは食べないで、そのまま帰宅します。

家でココアなどを作って飲めば、その分安く済みますし、栄養も豊富です。外で飲んだら、ココアだって300円から500円くらいしてしまいますからね。

こういった細かいところまでチェックして、初めて節約ミッション完了です。やっぱり楽しい休日のあとには、厳しい毎日があるのでした。😱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。