捨てる食べ物を無くそう!我が家で無駄なくリサイクル!

a0002_001020

日本で食べられずに廃棄される食べ物がいかに多いか、ご存知でしょうか。実質上、売れ残った賞味期限切れのものは捨てられてしまうのです。まだ食べられるのに、もったいないですね。

知らなかった!日本の食品廃棄率🚮

日本は世界屈指の、食品廃棄国です。年間1900万トンから2700万トンも捨てられているといいます。

また食べられるものに限っては、500万トンから900万トン、これは海外からの輸入された食品の半分ほどになるといいます。

どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。

新鮮さを売りにしている業界、賞味期限を厳格に守っている業界、たとえばコンビニやファストフード、弁当店などでは、賞味期限をその食品が変質する期間の3分の2ほどに設定しているといいます。

そのため、まだ食べられるのに、廃棄されてしまうのです。

賞味期限切れ間近の食品を安く購入🚮

もちろん、すでに調理されて売るだけになっているお惣菜だけではなくスーパーに売っている野菜や肉や魚など生鮮食品、一般に長持ちすると考えられる乾物、缶詰だって捨てられています。

食べ物の廃棄を少なくするために、賞味期限が迫った食品を半額以下にして販売している、リサイクルウェブサイトもあります。

多少、賞味期限が切れたところで、もともと賞味期限は実際よりも短めに設定されているので、まったく問題ありません。

お財布にやさしいし、家計も大助かり。

家庭で食べ物の無駄を無くす工夫🚮

野菜を作っている農家では、かたちの悪いものは売り物にならないので、近所におすそ分けしたりします。それでもさばききれないと廃棄です。

酪農家でも、牛乳が多く取れすぎて余り、捨てることになった年がありました。今のようにバター不足になっている状況を考えると、その余った牛乳をなんとか無駄にしないようなシステムがあったなら、と考えざるを得ません。

みかけが悪いだけ、また大量に余っているだけで、食品を平気で無駄にする社会のあり方に問題があります。

食品メーカー等では、賞味期限がせまった食品を福祉施設に回すなど、食品を廃棄しない取り組みが起こっているといいます。

私たちも、もうすこし食品を大事に、無駄を無くすように考えてみてはどうでしょうか。ちょっとくらい見かけが悪くても、パッケージがゆがんでいても、賞味期限が切れていても、問題なく食べられるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。