対岸の火事じゃない!アメリカ大統領選!

dd8a9cc08bb903c2894558ba0e3d55b4_s

いよいよ始まりました。アメリカ大統領選挙予備選!みなさんの予想はどの人ですか。今回は個性派が多いですね。

アイオワ州の結果🇺🇸

今回はかなり個性派の人々が候補者として出て、非常に注目のまととなっているアメリカ大統領選予備選挙。

アイオワ州では、過激発言で知られる民主党候補ドナルド・トランプ氏優勢が伝えられながら、結果としてテッド・クルーズ氏に敗北をしました。

でもアイオワ州という保守派が多い地域でトランプ氏がかなりの健闘を見せたのは、それだけでも大きなニュースです。

しかし、テッド・クルーズ氏も一筋縄ではいかない人物で、かつてオバマケアに反対するために21時間以上議事妨害をし、政府機関閉鎖まで追い込んだ曰く付きの人物です。

また盤石に思われていた共和党候補ヒラリー・クリントン氏も、かなり左派として知られるバーニー・サンダース氏に僅差で勝つというぎりぎりの勝利で、この結果も洒落にならなくなってきました。

サンダース氏は公立大学無償化などを訴え、若者などからの支持を伸ばしていたのです。

クリントン氏は、メールスキャンダルも噴出し、ますます厳しい状況に。その上抜群の知名度のトランプ氏に話題も持って行かれていて、なかなか厳しいスタートとなりました。

前ニューヨーク市長、マイケル・ブルンバーグ氏も出馬するのではないかと言われており、これからますますヒートアップしそうです。

リベラルと保守派🇺🇸

アメリカは基本的に赤い州(共和党)、青い州(共和党)に伝統的に分かれていて、赤い州は保守派、青い州はリベラル派と言われています。

大都市を抱えるカリフォルニア、シカゴのあるイリノイ、ニューヨークなどでは、リベラル派が多く、古き良きアメリカを標榜する中西部や南部では、保守派が多いとされています。

ただし、最近はその構図も崩れつつあり、一概に赤、青と言い切れない雰囲気になっている州も多いのです。

とても重要、アメリカ大統領🇺🇸

関係ないじゃん、アメリカのことじゃん、といっている方、そうではないのです。

アメリカ大統領選の先行きは日米の安保法案だけではなく経済、外交などすべてに影響していきます。いったい共和党、民主党、どちらが政権を握るのか、また誰が大統領になるかによって日本の世界の立ち位置は変わってきてしまいます。

これからも注意深く経過を見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。