子供が欲しい人が心がけたい3ステップ

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

最近は、少子化が叫ばれるようになり、子供を持たない夫婦や生涯独身で子供を持たない選択をする人も増えています。また子供を欲しいと思っても、なかなか授からない場合もあります。

子供を授かるための準備👶

子供が欲しい場合、女性側と男性側でできることは違います。

子供を授かりたいと思って、タイミングなどをとってから1年ほど経過しても不妊のままの場合、何かしら問題が生じている可能性があります。

女性の場合の不妊の原因としては、若い方ですと子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣の病気など様々な原因が考えられます。早めに専門医の診察を受けましょう。

また、年齢的なものですと卵子の老化などが考えられ、その場合は、すでに残された時間が少ないので、人工授精、体外受精などの方法も検討します。

男性側に不妊の原因が疑われるときには、男性のほうも専門医の診察を受けたほうがいいです。

妊娠するための体作り👶

妊娠したいと思ったとき、いったいどんな日常生活を送ったらいいのでしょうか。

もちろんバランスの良い食生活を送り、規則正しい生活、適度に運動などをして、睡眠をしっかりとっていれば、問題ないでしょう。

しかし、忙しい日常生活のなか、そんなに模範的な生活を送ることができない、という人も多いことでしょう。

妊活中は、あまり神経質になりすぎないことも大切です。子供は授かりもの。ストレスを溜めないでのんびり構えましょう。

一般に、妊娠前に摂取したほうがいい栄養として、葉酸があげられます。だいたい妊娠前、1ヶ月から3ヶ月前から摂取を始めることが奨励されています。🌿

葉酸はおもに新陳代謝や細胞分裂をする際に必要になるビタミンで、子供の神経管欠損症などを防ぐことができます。

妊娠してから気をつけること👶

妊娠してからの注意はみなさんよくご存知だと思います。

薬は、医師に相談して、胎児に影響が出ないものを飲む。

カフェイン、アルコールは控える。タバコは禁煙する。また栄養バランスよい食事をする、無理をしない、体を冷やさない等、昔から言われていることです。

ただし、あまりにもこれもダメ、あれもダメだと、ストレスが溜まります。ただでさえ妊婦さんは、妊娠後の体の変化で情緒不安定になりがち。

担当医と相談しつつ、ある程度の息抜きはしていきましょう。カフェインも、毎日コーヒー1杯程度なら大丈夫ということです。

マタニティライフも一緒に楽しんでしまいましょう。o(^▽^)o

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。