夏バテの原因ってなに?吐き気・頭痛・下痢の解消方法まとめ

9bc4018f64a4d8a3a23f06a698ee05ab_s

夏といえば、海やキャンプ花火大会、お祭りなど楽しめるイベントがたくさんありますよね。

しかしその一方…吐き気や頭痛が…。等といった「夏バテ」の症状に見舞われた方も去年いたのではないでしょうか?
今回は夏バテの原因や辛い症状の対策について紹介をしていきます。

夏バテの原因とは?☀

毎年のようにくる日本の暑い夏
人間の身体は暑い気温が続いた場合、体温を一定に保つために必要以上のエネルギーを消費し、その暑さに耐えられるようになっています。
しかしその暑い状態が続くと身体が対応する事が出来なくなり「だるい、疲れやすい」と言った状態になるこ事があります。
その状態を「夏バテ」と呼んでいます。

夏バテは「夏におこる体調不良の全般の事」の総称ですので症状による様々な原因が考えられます。
それでは、夏バテの症状別解消法を見ていきましょう。

夏バテの症状:吐き気解消法💡

室内を冷やしすぎてしまった場合自律神経の乱れてしまう事があります。
その乱れにより吐き気を催す事があります。

吐き気の症状が出た場合は始めスポーツドリンク等で「水分補給」を行いましょう。
一気に水を飲んでも身体にとって過剰な水分として体外へ排出されてしまうのでゆっくり飲むようにしましょう。
また水よりスポーツドリンクの方が吸収率が高いのでおすすめです。

夏バテの症状:頭痛解消法💡

頭痛の原因とされるのは、エアコンによる「冷え」が原因の自律神経失調、大量に汗をかいた為のミネラルの不足などの原因があげられます。

対策としては身体を温める事が効果的と言われています。
太い血管が通っている部位の「足首・手首・首の後ろ・脇」などを温めるのも効果的です。
飲み物に関しても常温~温かい飲み物を飲むようにして身体を温めましょう。

身体の水分不足でも「頭痛」の症状が原因の場合があります。
ですので、水分ドリンクなどをこまめに摂取するようにしましょう。

夏バテの症状:下痢解消法💡

下痢の原因として考えられるのは、暑さによる胃腸の働きの悪化とされています。
ですので、下痢の際は胃腸をしっかり休めてあげましょう。
そして下痢の際、気をつけないといけないのは「脱水症状」です。
必要な水分も体外へ排出されてしまうのでこまめに水分補給(スポーツドリンクなど)をしましょう。

最後に

いかがでしたか?
夏は、こまめに水分を取るように意識していきましょう!
また夏バテの症状がひどい場合は「大丈夫!」と過信をしないで早めに病院へ行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。