動物と楽しく過ごす3つの方法!

4c17178e0cefb81a8b07baa95f14ff2a_s

いつも心を和ませてくれたり、ときには本気で喧嘩したりして家族同然のペット。とくに喜怒哀楽がわかる動物は、人間にとっても感情移入しやすい面があり、一生のパートナーにもなり得ます。

動物の健康管理をしっかりと

いまはペットだとはいっても、もともとは動物は野生動物だったわけですから、昔の習性は忘れていない部分もあります。

動物🐕は外敵に狙われる危機感を常に持っていますから、基本的には怪我や病気を隠そうとします。

ときには急所まるだし、お腹まるだしでのんびり眠っているペットも存在するにしろ、です。

毛に囲まれているため、またペット自身が舐めてしまうために、出血等に気づきづらい、とくに手足の怪我、また腹部の膨張などは内臓の病気が隠れていることもあるので要注意です。

運動不足、食べ過ぎによる肥満も問題です。人間と同じ食べ物を食べたがっても、与えないように気をつけましょう。

動物とのよりよい距離を考える

ペットでも機嫌の悪いとき、疲れているとき、また何かに気を取られていてびっくりすることもあります。!(◎_◎;)

また当然見慣れていない人には警戒感を持つでしょう。ペットと遊ぼうとして加減を知らない子供がひっかかれたり、噛み付かれたりすることもよくあります。

そうした事故を防ぐためにも、子供とペットが一緒にいるときにはつねに監視の目を怠らないこと、またとくに慣れていない人間とペットがいるときには注意しておきます。

獰猛な性格だけではなく、臆病な性格の動物も自分を防衛する意味で攻撃をしかけてきたり、ちょっとした動きに過剰に反応したりしがちです。

動物が自分から寄ってこないときにはそのままそっとしておきましょう。

また、普段性格がやさしい動物でも、子供を育てているときは気が立ったり、人間を寄せ付けなかったりします。適度な距離を保ちましょう。

環境を整えてあげる

熱帯魚、海水魚や金魚など、水に棲む魚類は、つねに水質や温度など環境に気を配っていないと死んでしまいます。ろ過装置をつけていても、またこまめに水換えをしていても毎日、水槽の中の魚たちの状態や、環境をチェックしてあげます。

グローバル化した世界のなかで、もともと寒い国の原産の動物が常夏の国で飼われていたり、その逆もあります。動物にとっては環境の変化は致命的でもあります。

多少は環境に適応する動物もいますが、多くは環境の激変でストレスがたまったり、体調を崩して死ぬこともあります。

ペットとして飼っている場合でも、なるべく原産地と同じような生活スタイルや環境を似せるように気をつけてあげましょう。冷房、暖房で心地よい空間を。

また、屋外でも真夏のアスファルトは、60度を超える暑さになることもあるので、散歩の際には、熱中症に十分気をつけてあげて、朝や気温の下がった夜に散歩してあげましょう。

毎日の生活の楽しみを与えてくれるペット。長生きしてもらうために、基本的なことを守って一緒に楽しく暮らしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。