冬なのに暖かい日々が続く!これって大丈夫??

482a08645376a4350245ff12a1c28501_s

今年の年末年始は全国的に暖かい日々が続いて、格好の行楽日和になりました。コートを脱いでのびのびと日光浴、散歩やショッピングできた方も多いのでは。

エルニーニョ現象?これからの環境変化🌳

今年のクリスマスからお正月の時期にかけて、世界的にかなり暖かい都市が多かったようです。

出かけたり、イベントを楽しむのには天候がよい、暖かいほうが嬉しい気もしますが、反面スキーなどの観光地は雪不足で悩んでいます。

しかもこのまま温暖化が続けば、北極の氷が溶けてしまって、どんどん海面上昇が起こり、白クマの絶滅や、南大西洋の島々が沈没、消滅する危険がでてきます。

洪水や台風による暴風雨で街や村が冠水し、すでに移住計画が出ている島も増えているとか。

これは数年に一度あるエルニーニョなのか、それとも環境破壊が進んでいるからなのか、両方なのか、意見が分かれるところです。

暖かいからといって手放しでは喜べない🌳

実質、冬に気温が暖かいというのは過ごしやすいことではあります。

でも冬に寒くないと、困ってしまう業界もあります。観光業界や小売業など、気候の変動によって大きく売上が左右される業種はいま困っているじのではないでしょうか。

もちろん世界環境のことも考えなければいけません。

昨年、パリで開催されたCOP21では、温暖化対策について、世界合意を取り付けました。

まだまだ先行きは不透明ながら、200近い国や地域すべてが参加をした、初の温室効果ガス削減の取り決めが合意に至ったことは大きな進歩でした。

この合意によると、2020年から具体的な数値目標をもって温暖化防止対策が実施されるそうです。

将来の子供、また孫世代にそのままの地球を残してあげるためにも、いまできることを積極的にしていくことが大事です。

すべての家庭で、エネルギーの無駄遣いをしないようにお互いに心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。