フライパンでパンを作ろう!強力粉とベーキングパウダーの簡単レシピ

6237a513542ddbd4352b06e8ab073468_s

いつもは仕事や家事に追われてゆっくりと朝食をとる事ができない。
せっかくの休日の朝はゆっくりと何か美味しいものを食べたい。
そんな方におすすめしたいのが、「フライパンで出来るパン」です。
パンというと材料がたくさんあって、生地をコネて何時間か放置して…などの大変な作業なイメージがあると思います。
しかしこの、フライパンで作るパンはそんな従来のパンのイメージとは異なり、「簡単」「誰でも」「おいしく」出来てしまうのです。

そんな簡単なフライパンで作るパンの事を知ったら、試してみるしかありませんよね。
それではそのフライパンのレシピを紹介していきます。

フライパンで作るパンの材料はなに🍞?

フライパンで作るパンの基本的な材料を見ていきましょう。
下記のレシピで手のひらサイズのパンが大体6つできます。

  • 強力粉(300g)
  • ベーキングパウダー(大さじ1)
  • 砂糖(大さじ1.5強)
  • 塩(4つまみ)
  • 水(180㏄)

材料は以上です。
さらにお好みで具材を準備します。
王道のハム、ベーコン、チーズや昨日の夕飯の残り物なんかも入れるのも◎。

作り方は🍞?

作り方は、ボールに全ての材料をいれ、1分ほどかき混ぜます。
目安としては指にくっつかない程度になればOKです。

その後、出来た生地をラップで包み10分ほど放置。
通常のパンの発酵時間のイメージって1時間程のイメージがありましたが、こんなに短時間でも良いのですね。
その理由はイースト菌の代わりにベーキングパウダーを使用している為です。
ベーキングパウダーを使用すると生地が発酵なしでもふわふわになります。

次に生地を6等分に分け、大体手のひらサイズになるように生地を伸ばします。
具を入れる方はここでお好きな具をいれます。
生地の上に具をのせて包み込みます。

最後に、いよいよパンを焼く作業を行います。
フライパンにパン生地を並べます。その時は間隔をあけるようにしましょう。
その後生地を潰すように上からぎゅっと押しつぶします。この作業を行う事で早く火が通ります。その後フライパンにバター大匙1を入れて中火で生地に焼き目をつけます。

一度ひっくり返しに底面に焼き目がついたら蓋をして弱火で4分ほど焼きます。
その後もう一度ひっくり返し、蓋をして弱火で4分焼いたら出来上がり!

簡単すぎますよね…。
発酵の時間を含めても1時間以内で出来るこのフライパンを使用したパン。
休日の朝に作るのも良し、平日にいつもより早く起きて作るのも良し。

この簡単で美味しいパンに是非挑戦してみてくださいね(^^ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。