ドーナツが朝食に向いている3つの理由

a0002_002310

海外の有名ドーナツ店の出店が相次ぎ、果てはコンビニエンスストアも独自のドーナツを販売するようになって久しいです。いままではドーナツ屋さんというと限られていたように思うのですが、いま、何故こんなにドーナツがブレイクしているのでしょうか?

ドーナツブレイクのきっかけ🍩

アメリカ、もしくはニューヨークで有名になっているドーナツ店の日本出店が相次いでいます。その上、コンビニでもコンビニコーヒーとともに独自のドーナツを販売し、好評のようです。

筆者が子供の頃は、某ドーナツショップの一人勝ち状態でしたが、最近は本当に色々なドーナツショップがオープン、またいつでもどこでもドーナツが食べられるようになってびっくりです。

日本独自のおからドーナツなど、カロリー控えめのヘルシードーナツが出てきたり。

アメリカでも、ちょっと独自なフレーバーや見た目のドーナツが受けたり。

食感が美味しい、クローナッツ(クロワッサンとドーナツのあいのこ)が評判になったり。

ドーナツに対する人々の関心は尽きません。

なぜドーナツが朝食にいいのか?🍩

アメリカでは、ドーナツとコーヒーだけの朝食もかなり浸透しています。

ベーコンエッグやサラダの朝食と比べて、ぱっと見ると健康に悪そうなのですが、朝からきちんとした朝食を食べられない人、または時間がない人には嬉しい朝食です。

実は、栄養が豊富な朝食でも糖分の足りない食事は、血糖値が上がらないので脳の栄養が足りなくなり、やる気や集中力がなくなります。

これは神経伝達物質、アセチルコリンの生成が学習、記憶や情緒の安定、コントロールなど重大な役割を果たしているためです。

アセチルコリンは、ドーナツやカップケーキなどの焼き菓子に含まれる、レシチンから摂取できます。

糖は速やかに脳に送られ、エネルギー源となります。

だからこうした焼き菓子、揚げ菓子は必ずしも悪者じゃないのです。

疲れたとき、目覚ましにコーヒー🍩

コーヒーは、このアセチルコリンの働きを助けてくれます。眠くなったり、集中力が途絶えたときにコーヒーを飲むとしゃきんとするのは、コーヒーに含まれるカフェインのお陰です。

もちろん、朝食としてのクイック栄養補給だけではなく、仕事や勉強の合間、またおやつタイムにも有効です。

カロリーやダイエットのことばかり気にしていると、せっかく仕事や活動の能率を上げてくれるドーナツを遠ざけてしまいます。

食べすぎなければ、非常に良い栄養補給テクニックといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。