【電力自由化とは】仕組みを知って問題点やリスクを考えてみた

a3b36f07f8d44e9df320b6fa394c4dbd_s

2016年4月に開始予定の「電力自由化」、皆さん準備は出来ていますか?

そもそも電力自由化って何?仕組みは?

確かに「電力自由化」って言葉は知っているれど具体的にはよくわからない…という方も多いのではないでしょうか?2016年春から実施されるこの「電力自由化」。

簡単に説明致しますと、今まで地域の大手電力会社としか契約出来なかった「電力」を、4月から「電気の契約先を自由に選べる」ようになる、
と言う事です。

今まではお住まいの地域の「北海道電力」「東京電力」「関西電力」などと契約が出来なかったものが、多様な業種の企業が電気の販売を行い、自分で選択して契約が出来るわけです。

新規参入企業の例をあげますと、

  • ソフトバンクグループ
  • 楽天
  • ハウスメーカー

などです。

従来の大手電力会社にも変化あり!🗼

今回4月からの「電力自由化」によって新規参入企業が増える一方従来の大手電力会社にも変化が出てきています。

「東京電力」を例にとってみますと、従来からのプラン以外にも「新たに加わったプラン」を用意しています。月平均の電気料金よって料金プランを選べる様になり、提携先各社とのお得なセットプランなどがある様です。
この「電力自由化」により従来の大手電力会社まで色々なプラン・サービスを登場させているようですね。

電力自由化のメリットとは?🗼

この「電力自由化」によって得られるメリットとしては「電気料金の引き下げ」「お得なサービス」が登場するといったところです。

その理由としては、現在新規参入企業は実に100社を超えており「販売合戦」になるのは必然になります。

いかに自社と契約させるか様々なサービス・セットプランを設定すると予想されます。

 

例えばスマホでお馴染みの「ソフトバンク」。

こちらのプランを見ていくと、ソフトバンクでんきに契約した場合電気代に応じてTポイントが貯まる(電気代1000円で5ポイント付与)といったものや、家族の人数によって電気代を割り引いてくれる「おうち割」等のお得なサービスがある事がわかります。

より良いサービスや料金が安くなるのは魅力的ですよね。
しかし、デメリットや問題点としては「消費者への選択肢が多すぎる」事、「電力供給が不安定になる」の可能性があると言えます。一体どのような事なのか詳しく見て行きましょう。

電力自由化の問題点・リスク🇺🇸

過剰競争の恐れ

既に電力自由化の新規参入企業は既に100社を超えてます。
この事から過剰競争が起こるのは必然ですよね。
その為に消費者が「多すぎてどれが一番自分にとって分からなくなる」という事になりかねません。

またもう一点のデメリットとしては「電力供給が不安定になる」という事です。
「電力自由化」を取り入れている諸外国を例にしてみると、2003年ニューヨークの大停電があります。
この大停電の理由は、電力自由化の「過剰競争」が生まれ、各電力会社の予備電力がなくなってしまった背景があります。
また他にもこの大停電の原因として「電力自由化のによる過剰競争の為、電力供給の質が低下した」からという見解もあるようです。

日本は発電設備や技術がそれぞれ異なる企業が参入します。
つまり十分な技術力、能力のない発電設備を使用し、電力供給が不安定になる恐れもあります。

電力自由化に必要な手続きはあるの?

メリットや問題点を紹介していきましたが、4月から「電力自由化」の開始まで残り約1ヶ月になりました。私達がしなければいけない手続きは何かあるのでしょうか?

契約する会社を探す!

初めは電力を供給しているものから自分にあったものを探し、契約をする必要があります。
現在でも新規参入企業が100社を超えるのでインターネットなどで検索すると便利ですね。
契約の仕方は「電話」「インターネット」「はがき」などで行う事ができます。

申し込み後は何をするの?

契約をしたい企業に「申し込み」をした後には、スマートメーターを設置する必要があります。
(スマートメーター未設置の方のみ)

※スマートメーターとは
使用した電力を自動的に検針(けんしん)してくれたり、その家庭の時間別の電気の使用量などを計測出来る「電気メーター」の事。↓

2016-02-25_173912
(http://ikedadenkou.hida-ch.com/c55096.htmlより引用)

スマートメーターの設置費用は原則無料ですが、メーター交換に伴う工事が必要な場合費用がかかる場合があります。この作業は住んでいる地域の電力会社が行ってくれます。

その後、新電力会社との契約開始という流れになっています。
この新電力会社との新たな契約を行わない場合は引き続き、以前使っていた大手電力会社から電気が供給されます。

ちなみにですが、新電力会社に申し込みを依頼して実際に電力が利用できる様になるまでは約1.5~2ヶ月はかかると予想されます。ですので早めの申し込みをする事をおすすめします!

電力自由化のまとめ

電気料金が安く、好きな企業を契約できるのはメリットかもしれませんがきちんとリスクや問題点も把握しておきたいですよね!

ご自身にぴったりのプラン・サービスがあり、さらに納得できる電力会社を探していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。